ニュース » 記事詳細

医療費・介護利用料

館山市は、台風15号、19号の被災者支援で、国民健康保険などの医療費の窓口負担、介護サービス利用料の免除について、期間が9月末まで延長となり、4月以降は免除証明書が必要となることを周知している。

対象となるのは、住宅が半壊以上の被害を受けた人など。これまでは窓口などでの口頭申請で免除が受けられたが、4月以降は免除証明書の提示が必要となる。

市では国民健康保険については対象者全員、後期高齢者医療は市税等の減免申請した人、介護保険はこれまで免除を受けていた人に免除証明書を発行し、郵送する。免除証明書が届かない場合などは、問い合わせをしてほしいとしている。社会保険については、加入する健康保険組合などに確認するよう呼び掛けている。

問い合わせは、国民健康保険は市民課国保係(0470―22―3428)、後期高齢者医療は同課高齢者医療年金係(0470―22―3418)、介護保険は高齢者福祉課介護保険係(0470―22―3489)へ。

3月18日20時00分 692

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved