ニュース » 記事詳細
張り替えられたフィールドの天然芝=鴨川

フィールドの芝も張り替え

鴨川市が同市総合運動施設の陸上競技場で進めていた天然芝の張り替えなど、改修工事が終了した。23日から一般の開放を予定している。

天然芝の張り替えは、陸上競技場のインフィールド約7597平方bに敷かれた天然芝を、女子サッカー「なでしこリーグ1部」の公式戦会場条件を満たす年間を通しての常緑天然芝に張り替え、タイマーで散水するスプリンクラーを設置した。

改修工事は、今年7月に期間満了を迎える日本陸上連盟の第3種公認を継続するためのもので、トラックの補修や老朽化していた投てき競技用の囲いの交換など、必要な改修や器具の調達を行った。

事業費は2億5650万円で、このうち2880万円は、スポーツくじ助成金(スポーツ振興くじtoto・BIG事業)を活用した。

同施設を管理する同市スポーツ振興課の鈴木克己課長は「今回の改修でフィールド面、設備面ともに充実した。特に天然芝は1年を通して緑色を保つことができる素晴らしい芝。市内外のさまざまな団体に利用してもらい、地域振興や競技力向上が図れるよう努めていきたい」などと話している。

【写真説明】張り替えられたフィールドの天然芝=鴨川

3月20日20時00分 612

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved