ニュース » 記事詳細

5万円以内を無利子で

鴨川市社会福祉協議会(石井一巳会長)は、新型コロナウイルス感染症の影響で休業などによる収入減や、生活費の支出増加で、緊急かつ一時的に生計維持のための資金を必要とする市内在住者を対象に、独自の「鴨川市福祉資金 コロナ特例貸付」を、7月末日までの期間限定で新設した。

同市と連携して実施するもので、貸付額は5万円以内、連帯保証人不要、無利子で、据置期間(返済猶予期間)は貸付日から6か月以内、償還期間(返済期間)は措置期間経過後10か月以内。県の特例貸付制度と併用して申請も可能。

申請から貸し付けまでの流れは▽鴨川市社福協に電話で相談▽同社福協から郵送される申請書類に必要事項を記入し、書類一式を返送▽同社福協で受理後、電話で内容を確認▽審査で貸し付けの可否を決定。貸付金を直接手渡し――。

問い合わせは、鴨川市社会福祉協議会(04―7093―0606)へ。

20年5月9日 936

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved