ニュース » 記事詳細
インターネットを使った移住相談に応じる協力隊員=南房総

6月30日まで延長へ

南房総市は、市内への移住を考えている人たちを対象にした、オンライン移住相談「IJU Cafe(移住カフェ)」を行っている。ウェブ会議システムを使い、パソコンやスマートフォンで同市の地域おこし協力隊の移住担当者が質問に答えている。相談は無料で、事前予約が必要。6月30日まで。

同市では総合戦略に基づき、移住者の増加を図ろうと、都市部での移住相談や市内での移住体験ツアーを開くなどしている。

オンラインでの相談は全国はもとより、海外からでも参加しやすいことがメリットで、より多くの人に市について知ってもらい、移住促進につなげようと企画。ネット環境を活用しての移住相談会は、初めての試みだという。

新型コロナウイルスの影響で、緊急事態宣言が解除されたものの、千葉県では県境をまたぐ移動は「慎重に」となっていることから、当初は5月末までの予定だったが、6月30日まで延長することになった。

オンライン会議システム「Zoom」を使い、対面形式≠ナ相談に応じる。これまでに数件の相談があり、不動産物件についてや仕事情報の紹介、移住支援制度の情報提供などを行っている。

担当の地域おこし協力隊は「地方移住への関心は高まっているが、新型コロナの影響で現在は、現地を見て回ることが難しくなっている。まずはオンラインの相談で南房総での生活の魅力を伝えていきたい」と、相談を呼び掛けている。

詳しい問い合わせは、南房総市企画財政課(0470―33―1001)へ。

【写真説明】インターネットを使った移住相談に応じる協力隊員=南房総

5月30日20時00分 687

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved