ニュース » 記事詳細
大規模改修工事が終わったた富山ふれスポ=南房総

26日にも供用開始へ

南房総市久枝にある同市の社会体育施設、富山ふれあいスポーツセンターの大規模改修工事が、このほど終了した。老朽化に伴う屋根全体の改修やアリーナの床の張り替えなど多岐にわたり改修された。総事業費は約4億3000万円。

旧富山町時代の平成6年3月に竣工(しゅんこう)した施設。両側に観客席が設置されている体育館がある他、会議などにも使える多目的室もあるなど、多くの屋内スポーツやサークル活動で活用されている。

完成から25年が経過し、全体的に老朽化したため、昨年9月から大規模改修工事を行っていた。

屋根にはカバー工法による改修を行い、屋上部分には防水加工も施した。体育館アリーナの床を張り替えた他、ホールや多目的室、観客席の床のカーペットも張り替えた。

屋内の照明は全てLED化。トイレも洋式化するなど新しくした。この他、放送設備の改修や、浄化槽の更新、ひび割れした外壁の部分補修も行った。

浄化槽の移動に伴い、駐車場の行き来を可能にしたという。

また、改修に合わせで移動式のバスケットボールゴールも更新した。

なお、同市の社会体育施設等については、一般開放のロードマップが作成されており、利用は早くて26日からの予定となっている。

詳しい問い合わせは、南房総市生涯学習課(0470―46―2963)へ。

【写真説明】大規模改修工事が終わったた富山ふれスポ=南房総

6月17日20時00分 646

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved