ニュース » 記事詳細
依頼文を手渡す福原部長(左)=館山

南房総市は19日、市内の海水浴場を開設しないことから、海岸管理者である県に、適切かつ安全な管理を求める依頼文を、安房土木事務所に提出した。

市では、海水浴場の開設を検討していたが、関東圏の多くで不開設とし、県内外から多くの人が訪れ、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策を十分に図ることが困難と判断し、開設しないことを決めている。

このため、ライフセーバーの配置など、安全や規律の確保のために講じてきた取り組みを行わないことから、水難事故の発生や海岸の無秩序化が懸念されている。

そこで、海岸の管理者である県に、適切かつ主体的な対応を求めるとともに、具体的な対応策について示すことを求める依頼を行った。

県の出先機関である安房土木事務所に、市商工観光部の福原正和部長らが訪問し、依頼文を同事務所管理課の石井三千夫課長に手渡した。

福原部長は「市としてもできることをやっていくので、県も前向きに取り組んでほしい」と呼び掛けた。

【写真説明】依頼文を手渡す福原部長(左)=館山

6月24日20時00分 554

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved