ニュース » 記事詳細
配布されているエンディングノート

「終活」に役立ててもらおうと館山市は、自分のことやもしものときの希望などを記入しておける「エンディングノート」を今年度も作成し、希望者に配布をしている。

ノートでは、自分の基本情報や思い出、健康状態、病気、介護が必要となったときの希望、判断力が低下したときの対応、葬儀、墓などの希望、家系図、家族などへのメッセージ、財産などが書き込める。

名称は「館山市マイエンディングノート」。A4判18ページ。今年度は1400部を用意し、市高齢者福祉課と市内3か所の地域包括支援センターで配布している。

配布先の連絡先は次のとおり。カッコ内は電話番号と包括支援センターの担当地域。

市高齢者福祉課(0470―22―3487)、地域包括支援センターたてやま(25―7191、北条・那古・船形)、地域包括支援センターなのはな(22―1350、館山・西岬・神戸・富崎)▽地域包括支援センターいちご(28―4115、豊房・館野・九重)。

【写真説明】配布されているエンディングノート

7月15日20時00分 637

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved