ニュース » 記事詳細
協定を締結した飯尾支社長(左)と金丸市長=館山

大規模停電に備え

館山市と東京電力パワーグリッド木更津支社は21日、「災害時における停電復旧の連携等に関する基本協定」と、災害時における4つの覚書を締結した。同市役所で締結式があり、金丸謙一市長と同支社の飯尾真支社長がサインを交わした。

昨年秋の台風被害を教訓にした協定。大規模かつ長期にわたる停電が発生し、市民生活や経済活動に大きな被害が生じたことから、同支社との連携を強化、迅速な電力復旧などの活動を行えるようにしようという。

主な協定内容は▽災害時における復旧作業及び啓開作業に伴う障害物の除去▽災害時における連絡調整員(リエゾン)の派遣▽災害時における電源車の配備▽防災行政無線などの活用――など。

金丸市長は「昨年の台風15号の被害は大変なものだったが、一番大変だったのが停電。電気は社会基盤の主ということをつくづく感じ、一日も早い復旧を願っていた。昨今の台風被害を教訓に、災害協定を締結することを心強く思っており、災害時の停電復旧に当たり、お互いに良い連携ができれば」と話している。

【写真説明】協定を締結した飯尾支社長(左)と金丸市長=館山

7月23日20時00分 395

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved