ニュース » 記事詳細
能蔵院を参拝する参加者たち=南房総

初ツアーに近隣の18人参加

南房総市観光協会と日東交通が合同で企画する日帰りバスツアー「週末は南房総へ!! 満喫! 夏の南房総市スペシャルツアー」が始まった。26日のツアーには木更津市などから18人が参加。あわびの踊り焼きを食べたり、同市内の道の駅を巡ったりしながら楽しんだ。

新型コロナウイルス感染症に対応したマイクロツーリズム(近隣での観光)として、初めて企画された日帰りツアー。9月27日までの毎週土日曜日(8月8、9日を除く)に実施される。

18人が参加した26日のツアー。コロナ対策として、参加者は検温やマスクの着用、活動のたびに手指消毒などが徹底された。

千倉の能蔵院では参拝後に「コロナよけ」のお守りを受け取り、白浜の野島崎では海底透視船に乗船。道の駅とみうら枇杷倶楽部で、ドローン体験やキンセンカクリームづくりも楽しんだ。昼食には、漁師民宿まきのの「あわび踊り焼き御膳」を満喫した。

参加者たちは「新しい発見もあった。南房総市は近くなので、また遊びに来たい」などと話していた。

ツアーは、昼食が土日ごとに別メニューで、土曜は道の駅和田浦WA・O!で「特製舟盛り御膳」、日曜はあわびの踊り焼きとなる。

木更津駅、君津駅、上総湊駅、道の駅富楽里とみやまでの乗降が可能。富楽里からの乗車だと、500円引きで参加できる。

参加費は、土曜ツアーが大人4980円、小人3500円、日曜ツアーが大人5980円、小人4500円。

観光協会では「ツアーは9月まで続くので、ぜひ参加していただきたい」と呼び掛けている。

詳しい問い合わせ、参加申し込みは、「日東観光」(0120―210―444)へ。

【写真説明】能蔵院を参拝する参加者たち=南房総

7月29日20時00分 420

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved