ニュース » 記事詳細
作成した啓発はがき左から小高会長・黒田副会長・高橋署長=館山

館山署と金融防犯連

特殊詐欺被害を未然に防止しようと、館山署(高橋信安署長)と同署管内金融機関防犯連絡協議会(小高栄二会長)は連携して、管内の高齢者に対し、郵便はがき「かもめーる」を活用した広報啓発活動を実施している。

電話de詐欺等犯罪防止対策の一環で、管内に居住する高齢者に対し、電話de詐欺等の犯罪に関する被害防止のための注意事項の書かれたはがきを配達することで防犯意識の高揚を図る目的。

はがき代などの費用は趣旨に賛同、協賛した有志企業が負担する。今回、同署管内金防協に加盟する12事業者の協力を得て作成した。

啓発はがきは4000枚を用意。館山市、南房総市、鋸南町の高齢者世帯に8月中旬から配達される予定となっている。

6日、同署で行われたセレモニーでは、高橋署長、同署管内金防協の小高会長、黒田孝幸副会長が作成した啓発はがきのお披露目があった。

小高会長は「皆さまの資産を守るため、できる限りのことをしていきたい」と話した。

同署によると、今年1月から現在までの電話de詐欺被害の発生状況は2件(被害額は442万5000円)となっている。

【写真説明】作成した啓発はがき左から小高会長・黒田副会長・高橋署長=館山

8月7日20時00分 614

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved