ニュース » 記事詳細
被害に遭った貴金属店=館山

天上に穴

屋根裏つたって侵入か

館山市の大型ショッピングセンター「ロックシティ館山」で10日朝、テナントの貴金属店「ジュエリーコバヤシ」の天井に穴が開けられ、ネックレスなど貴金属が盗まれているのが発見された。被害は1000万円近くにのぼるとみられる。施設の屋根にも穴が開けられていることから、犯人は屋根裏をつたって店内に侵入したとみられ、館山署で窃盗事件として捜査をしている。

同署によると、同日午前9時40分ごろ、巡回中だった同施設の警備員が、同店の天井のボードに穴が開いているのを見つけ、同署に通報した。

一部の陳列棚が壊され、ネックレスや指輪など貴金属類200点近くが盗まれていた。店舗内の金庫(高さ71a、幅48a、奥行き53a)にもこじ開けようとした痕跡が残されていたという。被害額は1000万円相当にのぼるとみられ、同署で確認を急いでいる。

貴金属店の天井に開けられた穴=同

現場は20のテナントが入る同施設C棟の中央部。天井の穴は、人がやっと通れるほどで、店舗の中央部と端の2か所に開けられていた。貴金属店の隣並びの2店舗の天井にも同様の穴が1つずつ開けられていたが、いずれも盗まれたものなどはなかった。

屋根の穴は、C棟のちょうど貴金属店の上に開けられていた。波型のステンレス製屋根が、約50a四方破られ開けられていた。

犯人は屋上から施設内に侵入。高さ約2bの屋根裏をつたい、店舗天井に穴を開け、高さ約5bを下りて、犯行に及んだとみられる。

施設の屋上は高さ10b近くあるが、同施設のA棟北側に昇降施設がある。A棟とC棟は屋根づたいで移動できることから、同署ではA棟側から侵入した可能性が高いとみている。

同施設は前日の午後10時に閉店。警備員は開店前の定期巡回で被害を発見した。C棟にはセンサーによる警備システムがあったが、店舗内にはセンサーはなかったという。

同署では、計画的な犯行とみて、侵入、逃走経路などを詳しく調べるとともに、防犯カメラの解析などを急ぎ、犯人の特定をすすめている。

【写真説明】被害に遭った貴金属店=館山

【写真説明】貴金属店の天井に開けられた穴=同

08年6月10日 10,391
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved