ニュース » 記事詳細
抽選をする金丸市長(左)ら=館山

館山市は1日、市独自の健康ポイント制度「たてやま健幸ポイント」の今年度前期分の抽選会を実施した。新型コロナウイルスの影響で応募が少なく、応募者53人が全員当選。景品の内容を抽選で決めた。

健康的な生活習慣のきっかけづくり、定着を狙いとした取り組みで、各種健(検)診の受診や市の健康教室などへの参加、健康的な生活習慣の取り組みなどをすると各ジャンルごとにポイントがもらえ、必要なポイントを集めて応募すると抽選で景品が贈呈される仕組み。

今回は当選者枠100人に応募者数が満たず、全員が当選した。前年の3分の1程度で新型コロナの影響でポイントの対象となる総合検診、スポーツイベントなどが中止、延期となったことで少なかったとみられる。

抽選会では、金丸謙一市長らが厳正に抽選し、市内共通商品券や温泉組合入湯券など当選者の景品を決めた。当選者には郵送で通知される。

後期は来年2月末までで、健幸ポイントカードは、市役所本館玄関、コミュニティセンター2階健康課前で配布している。これまで入手したカードでもポイントを集めて後期で応募できる。

【写真説明】抽選をする金丸市長(左)ら=館山

10月8日20時00分 604

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved