ニュース » 記事詳細
ラッピングされた市内線のバス=館山

館山舞台のアニメで

館山を舞台としたテレビアニメ「戦翼(せんよく)のシグルドリーヴァ」の10月からの放送に合わせ、館山市内各所で聖地巡礼≠ノ向けた企画が本格始動した。日東交通は28日から、路線バスの市内線1台を同アニメのポスターデザインでラッピングして運行。同日、海上自衛隊館山航空基地入り口では、キャストのサイン入りポスターが掲示された。

「美少女×ミリタリー×北欧神話」をテーマに、「ピラー」と呼ばれる人類の脅威との戦いを描くアニメ。館山航空基地を舞台に、館山城や沖ノ島などの市内各所が登場する。「A―1 Pictures」が豪華スタッフとキャストで制作し、今月から千葉テレビ、BS11、TOKYO MXで放送されている。

新型コロナウイルスの影響で延期されてきたが、市や事業者、制作会社が協力して展開するさまざまな企画がスタート。アニメファンが現地を訪れる聖地巡礼を目的とした観光客の増加にさらなる期待が高まる。

日東交通は、「館山航空隊」と南房総市の「なむや・小浜」を往復する市内線のバス4台中1台を同アニメのポスター画を編集したデザインでラッピング。今後、路線バスと別にアニメのスポットを回るツアーも予定されている。

同日には、六車・宮古役の声優、稗田寧々氏と渡来・園香役の菊池紗矢香氏のサインが入ったポスターが、館山航空基地入り口に掲示。今後、JRバス関東館山支店の「洲の崎線」と「南房州本線」の路線バスもラッピングされ、JR館山駅改札前で缶バッジを配布、市内各所に等身大のパネルを展示するなど、企画が続く予定だ。

日東交通の平野直常務取締役は、「台風、コロナと暗い話題が多い中で、ラッピングされたバスが市内を運行することにより、明るい話題が提供できれば」と話していた。

【写真説明】ラッピングされた市内線のバス=館山

10月28日20時00分 1,941

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved