ニュース » 記事詳細
ボンネットバスに乗り込む参加者ら=館山

第1便には市内外から15人

JRバス関東館山支店による、館山駅発着でボンネットバスに乗り、館山市内を周遊する「館山市ぐるっとボンネットバスの旅」が7日から始まった。

レトロ調デザインのボンネットバスで、来年に予定されている市街地循環バスの実証運行に利用される車両。ツアーをとおして、市民に実証運行の周知や車両に親しみを持ってもらうとともに、秋の館山観光を楽しんでもらおうと企画した。

ツアーは午前と午後2つのルートがある。午前は「館山プチスイーツめぐり&車窓から見る館山航空基地」、午後からは「館山パワースポットめぐり」となっている。

初日となったこの日、午前の部には、市内外の15人が参加した。バスが駅東口ロータリーに姿を現すと参加者からは「かっこいい」などの歓声が上がった。

ツアー参加者の女性は「雰囲気のあるバスに乗り館山を巡れるのでとてもわくわくしています」と笑顔。

参加者らは、JRバス職員らに見送られながら市内周遊ツアーに出発していった。

同社の担当者は「まだツアーの予約に空きがあるので、地元の旅を楽しんでほしい」と地域住民にも利用を呼び掛けている。

ツアーは同月中の土、日、祝日に実施。午前の部は9時45分、館山駅発で所要時間は2時間半程度。午後の部は1時半から約3時間5分の旅となっている。料金はいずれも2000円。各コースとも先着19人までで、最少催行人員は10人。問い合わせ、申し込みはJRバス関東館山支店(0470―22―6511)へ。

【写真説明】ボンネットバスに乗り込む参加者ら=館山

11月9日20時00分 819

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved