ニュース » 記事詳細
感謝状を手にする廣田さん(中央)=千葉市

永年にわたり灯台の安全管理に尽力したとして、千葉海上保安部は6日、岩井富浦漁業協同組合に海上保安庁長官感謝状を伝達した。

11月1日の灯台記念日にちなんで実施している関連行事の一環。

同漁協は、南房総市小浦港の防波堤に平成10年から設置されている、小浦港西防波堤灯台を20年以上にわたり、異常がないかを確認し、灯台を利用する船舶の安全確保に貢献している。

この永年の功績に対し、海上保安庁長官から感謝状が贈られることになった。

伝達式は、千葉市の千葉港湾合同庁舎で行われ、同漁協の廣田実副組合長理事が出席。同海保の玉越哲治部長より感謝状と盾が贈られた。

【写真説明】感謝状を手にする廣田さん(中央)=千葉市

11月10日20時00分 572

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved