ニュース » 記事詳細
表彰を受けた出山教育長(左から2人目)と本間会長(同3人目)=館山

納税制度の知識普及や意識向上に貢献したとして、館山法人会の本間亨会長と館山市教育委員会の出山裕之教育長が、令和2年度国税庁長官表彰を受けた。今年は新型コロナウイルスの影響で納税表彰式は中止となったが、6日に館山税務署(三島敏彦署長)で伝達式が行われ、東京国税局の西川健士総務部長から賞状が手渡された。

多年にわたり、納税貯蓄組合、青色申告会、法人会および間税会の活動を通じて、申告制度の普及発展や税知識の普及に努め、納税思想の高揚に功績のあった人に贈られる表彰。

本間氏は、平成13年から館山法人会の常任理事、15年に副会長、27年から会長を務め、県法人会連合会でも27年から理事で令和元年から副会長を歴任。納税制度の普及発展に努める団体役員として表彰を受けた。

出山氏は、平成24年から館山市教育委員会の教育長を務め、同年から安房地域租税教育推進協議会の副会長を担っている。租税教育の推進と税知識の普及に顕著な功績があるとして、表彰された。

【写真説明】表彰を受けた出山教育長(左から2人目)と本間会長(同3人目)=館山

11月13日20時00分 602

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved