ニュース » 記事詳細
四方木不動滝を訪れた参加者=鴨川

24人が四方木訪ねる

鴨川市国際交流協会はこのほど、市内在住外国人との交流を目的に、路線バスを使った「バスハイク」を催した。10人の外国人と14人の協会員ら計24人が参加。車窓からの沿線風景と、四方木地区の名所などを楽しんだ。

同市天津小湊支所に集合した一行は、新型コロナウイルス対策でマスクを着用し、手指消毒、検温の後、清澄ルートのコミュニティバスに乗車。四方木ふれあい館で下車するまで、つづれ織りなす山道の景色などを楽しみながら、バス旅気分を味わった。

四方木では、不動滝まで徒歩で移動し、色づき始めた紅葉と流れ落ちる滝の音に癒やされるなど、大自然を満喫。12月までの期間限定で開館していた房総郷土美術館にも足を運び、展示されている房総の風景画などを見学した。

参加者は「不動滝に初めて来たが、すごく良かった。マイナスイオンを感じた」「房総郷土美術館は、四方木の地域とマッチしたすてきな美術館。缶バッジや絵はがきを買った」などと話していた。

【写真説明】四方木不動滝を訪れた参加者=鴨川

11月17日20時00分 570

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved