ニュース » 記事詳細
表彰を受けた芳賀代表(左端)と高橋会長(右端)=千葉

県内の防災活動を表彰する「県地域防災力向上知事表彰」の表彰式が21日、県庁で開かれた。安房地域では、南房総市大井区の自主防災組織「大井自主防災かわせみ」と館山市の事業所「丸高石油株式会社」が選ばれ、それぞれ代表者に森田健作知事から賞状が手渡された。

災害での自助・共助を一層促進するため、平成24年度に創設。他の模範となる活動を実践している団体などが表彰され、今年度は自主防災組織2団体、学校1校、事業所1社が受賞した。

大井自主防災かわせみは、東日本大震災の支援活動をきっかけに平成25年に発足。令和元年の台風災害時は、ドローンで被害状況確認を行った他、停電・断水の中で発電機や通信機器を駆使して各家庭の生活支援活動を展開した。

丸高石油株式会社は、平成20年に「防災ステーション」をガソリンスタンド内に整備。21年には館山市と「被災者支援に関する協定」を締結し、台風災害時は、停電の中大型発電機を動かして給油を再開し、市民生活維持に大きく貢献した。

表彰式には、同組織の芳賀裕代表と、同社の高橋幸民会長が出席。選考委員会からの講評を受けて、森田知事から賞状が授与された。

【写真説明】表彰を受けた芳賀代表(左端)と高橋会長(右端)=千葉

12月28日20時00分 584

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved