ニュース » 記事詳細
市電子図書館のサンプルページ=館山

来月5日に開始予定

館山市図書館は、電子書籍を貸し出す電子図書館サービスを導入する。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を控える動きが広がる中、図書館に訪れなくてもスマートフォンなどを使って、どこからでも本を借りて読むことができるようにする。来月5日の開始を予定している。

電子図書館サービスは、専用サイトに接続、ログインすることで、スマホやタブレットなどで、いつでもどこでも本を借りて読むことができる仕組み。

コロナの感染予防で外出を控えてる人や、仕事などで図書館に来館できない人でも、本を借りて読むことができるようにするのが導入の狙い。事業費は約250万円で、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用した。

利用できるのは、市図書館の利用券を持っている人。用意されている電子書籍は約1000冊で、文芸書から実用書、児童書まで多彩なジャンルを取りそろえた。

1人当たり2冊まで借りることができる。貸出期間は2週間で、借りた図書に予約が入ってなければ1度だけ2週間延長できる。

電子図書館サイトは5日に開設される予定で、同館では「コロナ禍で来館を控えている人の利用はもちろん、これまで来館の機会が少なかった中高生などの若者が本に親しむきっかけになれば」と話している。

問い合わせは、館山市図書館(0470―22―0701)へ。

【写真説明】市電子図書館のサンプルページ=館山

1月29日20時00分 1,000

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved