ニュース » 記事詳細
展示されている作品=南房総

日用品など多種多様に

安房地域内外の15人の作家による「おもしろ雑貨展」が、南房総市の道の駅ちくら潮風王国内にあるギャラリー海猫堂で開かれている。バッグやタオル、オブジェなど個性的な作品約100点が並ぶ。3月末まで。

同所周辺を訪れる花摘み客や地域住民に、春を楽しんでもらおうと今年初めて企画した。

展示されているのは、地域内外の工芸作家やイラストレーターなどが寄せたトートバッグやガーゼ、ハンカチ、オブジェなど、多種多様な雑貨約100点。感染症や花粉症対策を楽しんでほしいと、マスクの出品もある。

今年は、コロナ禍で観光バスはほぼキャンセルとなっているが、訪れた個人客が、「あれ、かわいいわね」などと指を指しながら、作品を楽しんでいた。

時間は、午前10時から午後4時(土日祝日は5時)まで。水曜定休。問い合わせは、ギャラリー海猫堂(0470―43―1039)へ。出品している作家は次のとおり。 =敬称略

▽もかや(moca)▽Emikoji(小川恵美子・田原幸二)▽ウエマツナナエ▽晴琉屋フン▽石井範子▽田中曜子▽Aki Takechakoff▽山内新▽山口マオ▽クリシュナ智子▽森田MIW▽ささごともみ▽ワタナベヤスノリ▽日毎

【写真説明】展示されている作品=南房総

2月18日20時00分 533

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved