ニュース » 記事詳細

災害復旧・コロナ対策で

館山市は24日、令和3年度の一般会計当初予算案を発表した。予算総額は209億5700万円(前年比5・3%増)で、初めて200億円を突破。台風災害の復旧関連や新型コロナウイルス対策費などで過去最大を更新した。きょう25日開会の市議会に提案される。

歳入をみると、市税は55億2006万円(同1・0%減)で、コロナの影響を受ける人への固定資産税の軽減措置などで減収を見込んだ。

国からの地方交付税は44億円(同4・8%増)、国庫支出金、県支出金も増額を見込んだ。交付税の増額などで貯金の財政調整基金の取り崩しは3億円にとどめ、予算を編成した。

歳出をみると、人件費は39億5719万円(同0・1%増)。物件費は29億2075万円(同15・0%増)でワクチン接種委託費、給食センター運営費などで増額。コロナ対策の中小企業融資事業などで補助費等も27億8592万円(同8・7%増)と増えた。公共事業の投資的経費は、25億5138万円(同0・5%増)で、三中や旧給食センターの解体などで前年度並みとなった。

予算編成後の財政調整基金残高は11億8274万円。一方、借金の市債残高は、台風災害のごみ処理費やインフラ復旧のための市債発行で過去最大の214億6953万円に膨らみ、台風被害前との比較で50億円近く増えている。

2月24日20時00分 750

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved