ニュース » 記事詳細
館山駅の自由通路に掲示されたラッピング=館山

駅通路ラッピングに バスの1日乗車券も

昨年10月〜12月に放送された館山が舞台のテレビアニメ「戦翼のシグルドリーヴァ」の聖地巡礼企画で22日、JR館山駅の自由通路西口側がラッピングされ、JRバス関東と日東交通の館山市内路線バスの共通1日乗車券(2000円)の販売が始まった。乗車券は全800枚で、売り切れ次第終了となる。

駅の自由通路では、キャラクター4人が「ようこそ館山へ」とファンをお出迎え。縦170a×横175aのメインイメージ1枚と、縦170a×横105aの単体画像4枚の計5枚が掲示されている。

共通1日乗車券の利用範囲は、JRバス関東の洲の崎線(館山駅〜洲の崎灯台前〜相の浜)、南房州本線(館山駅〜安房神社前〜相の浜)、日東交通の市内線(小浜〜館山駅〜航空自衛隊)の3線。乗車券は、「記念乗車券」としてA6サイズの二つ折りカバーに包まれ、内面には、市内地図と路線経路、アニメに登場した場所を記載。窓口で販売し、購入時に乗車した日付が印字される。

JRバス関東と日東交通で販売される共通1日乗車券

昨年12月にアニメが終了して以降、さまざまな集客企画を予定していたが、新型コロナウイルスの緊急事態宣言発令に伴い、延期となっていた。解除が決定したことで、順次企画が始動するという。

22日に第1号で記念乗車券を入手した市内の松井啓悟さん(49)は、「宣言の影響はあったと思うが、根強いファンがいるアニメ。乗車券などを機に、多くの人に館山市内外のスポットを回り、観光を楽しんでほしい」と思いを語っていた。

【写真説明】館山駅の自由通路に掲示されたラッピング=館山

【写真説明】JRバス関東と日東交通で販売される共通1日乗車券

3月24日20時00分 984

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved