ニュース » 記事詳細
4車線化工事が始まった館山バイパス=館山

地元の要望活動が奏功して事業化された国道127号館山バイパスの4車線化工事が始まった。千葉国道事務所が交通対策工事として発注したもので、2か年かけて中央分離帯部分を削って車線化する一方、歩道部に共同溝を整備して電線類を地中化する。

4車線化するのは、那古交差点―南総文化ホール前交差点間の約4`。用地はありながらも暫定2車線で供用されていた同バイパスだが、最近では観光シーズンの休日ともなると7`にもおよぶ渋滞が発生。また、朝晩の通勤時間帯でも慢性的に渋滞が起き、観光客や市民からの苦情も多かった。

このため、市や市内の経済団体などが再三にわたって4車線化を要望。同事務所が中央分離帯の改良工事と交差点の事故対策工事として、今年度から2か年で実施することになった。

工事は現在、中央分離帯の改良が行われており、正木交差点―南総文化ホール前交差点間の約3`を200bから500b間隔で順次実施。その後、正木交差点以北へと移っていく。さらに、歩道部には共同溝を整備し、電線類を地中化する。

事業費は10億円程度が見込まれており、順調に進めば来年度中には完成する予定。

【写真説明】4車線化工事が始まった館山バイパス=館山

08年6月20日 10,211
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved