ニュース » 記事詳細
安房拓心高相撲部

県2大会で団体戦2・3位

県高校総体の相撲競技が袖ヶ浦市の袖ヶ浦高校相撲場で行われ、安房拓心高校相撲部が団体で3位に入賞し、9月に大分県で開催される全国選抜高校相撲宇佐大会に、県を代表して出場することになった。また同時に行われた、1、2年生による第1回関東高等学校選抜相撲千葉県大会の団体戦で準優勝し、10月に栃木県宇都宮市で開催される関東選抜大会への出場権を得た。

相撲の団体戦は、県内から7チームが出場して争われた。安房拓心は、市川に5―0、安房に3―2、山武農に4―1、天羽に4―1で勝利したが、拓大紅陵に1―4、専大松戸に2―3で負け、4勝2敗で3位に入賞した。

関東大会ベスト5の実力を持つ、2位の専大松戸と接戦を演じた実力が認められ、安房農高時代から実に30年ぶりとなる全国大会への出場権を得、学校関係者も喜んでいる。

また今年設けられた1、2年生による選抜相撲大会にも出場し、同相撲部が見事準優勝を果たし、他の2校とともに、県代表として、関東選抜大会に出場する。

団体戦で活躍した選手は次のとおり。 =敬称略

【県総体団体3位】▽先鋒=黒川綾太▽二陣=山口真▽中堅=正木克真▽副将=芝隼▽大将=石井孝樹▽選手=若林史郎(いずれも3年生)

【県選抜大会準優勝】▽先鋒=石井宏樹▽中堅=高木夏樹▽大将=渡辺雄大▽選手=簔口明男(いずれも1年生)

【写真説明】県総体や県大会で活躍した安房拓心高相撲部=同校で

07年6月27日 14,865
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved