ニュース » 記事詳細
上部工に取り掛かる館野橋=館山

「館野橋」の上部工発注

舗装工事も近く発注

県が整備を進めている主要地方道富津館山線の国分バイパスで、滝川に架かる新橋「館野橋」の上部工事が12日、発注された。工期は3月末。残る舗装工事も近く取り掛かる予定で、安房地域整備センターでは、来春の供用開始を目指している。

館山市国分の国道128号と南房総市府中を結ぶ全長1・5`のバイパス。平成5年度に事業に着手し、12年には安房地域医療センター側の150bを部分的に供用開始。19年度までに事業費ベースで約8割の工事が終了している。

館野橋は、バイパスの中央部にあり、滝川に架かる全長46bの新しい橋。16年から整備していた下部工事の終了に伴い、発注した。契約金額は8800万円。

同バイパスは、館山市内の渋滞緩和はもとより、安房地域医療センターが路線に隣接していることから、救急医療のアクセス向上にも期待がかかっており、早期開通が待たれている。

安房地域整備センターでは、近く舗装工事も発注する予定で、来春には車道部分のみでも供用を始めて、早期に事業効果を出す構えだ。

【写真説明】上部工に取り掛かる館野橋=館山

08年11月14日 4,563
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved