ニュース » 記事詳細
完成した小澤橋と名入れをした鈴木さん親子=南房総市内で

鈴木さん親子(館山)が名入れ

来年3月の完成を目指して整備が進む、安房地域南部を縦断する基幹農道整備で、南房総市白浜町の「小澤橋」が完成、現地で橋名板の取り付けが行われた。

小澤橋は、同市白浜町白浜で、長尾川の支流にかかる。橋長63b、幅は7・5b。平成18年度から工事が行われていた。工事費は1億6600万円。

橋名板の名入れは、館山市船形の鈴木真由美さん、貴也君(船形小4)親子が手がけた。自らが書いた橋名板が取り付けられた現地を訪れた2人は、「後々まで残る名前を見て感激」「僕の書いた橋の名前を友だちにみてもらいたい」と満足そうに話していた。

農道は、南房総市三芳地区から館山市畑地区などを経由し、白浜地区までをつなぐ計画で、森林農地整備センターが整備している。20年度末までで約9割の工事が終了。今後、トンネルの照明、舗装、法面の保護の工事などが行われる予定となっている。

【写真説明】完成した小澤橋と名入れをした鈴木さん親子=南房総市内で

09年4月24日 5,643
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved