ニュース » 記事詳細

1日に名称変更式

友好都市から姉妹都市に

友好都市としてオーストラリアのポートスティーブンス市と交流を続けて10周年を迎えた館山市は、ベリンハム市と同様に、さらに交流を深化させていくことになり、11月1日に姉妹都市名称変更式を開く。同市の70周年記念式典にポ市から市長ら市民団一行が来館するのに合わせ、市役所で調印式が行われる。

両市の交流は、ともにベリンハム市と姉妹都市関係にあったことが始まり。20年前、べ市で行われた環太平洋ヨットレースに、両市のヨットチームが招待され、クルーたちの友情が生まれた。これを機に、両市のヨットレースへの参戦が本格化。92年にポートスティーブンス市、94年には館山市でこのレースが行われた。

以来、ヨットマンばかりでなく一般市民や市長、市議らによる相互訪問などの草の根交流が続き、2000年2月、友好都市協定が締結された。その後も交流は絶えることなく続き、昨年8月には館山市で3度目のヨットレースが開催され、ポ市から多くの市民団が訪れ、友好を温めた。

そこで、友好都市から10年の節目を迎えたのを契機に、一層の交流を深めよう、と姉妹都市へ発展させることになった。ポートスティーブンス市からは今回、ブルース・マケンジー市長夫妻をはじめ、市議や姉妹都市委員ら関係者約10人が来館する予定で、1日に名称変更式を行い、3日の70周年記念式典にも参列してもらう。

09年10月22日 2,097

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved