ニュース » 記事詳細
愛称が決まった基幹農道

白浜の片野・小池さんが命名

今春の開通を目指して整備が進められている、安房地域南部を縦断する基幹農道の愛称が、「安房グリーンライン」に決まった。命名者は、南房総市白浜町の男性2人。公募による選考の結果、道路のイメージにマッチした名称として選ばれた。

同農道を整備する森林総合研究所森林農地整備センターと安房農林業振興協議会が公募していた。291件の作品の中から選ばれた。

安房グリーンラインの名称を応募したのは、南房総市白浜町白浜の片野雅之さん(34)と同所の小池明さん(69)の2人で、来月予定されている式典で表彰される。

農道は、南房総市千代から館山市を経由し、南房総市白浜町白浜までをつなぐ全長17`の道路。全線の供用開始は、4月の予定となっている。

【写真説明】愛称が決まった基幹農道

10年1月14日 7,105
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved