ニュース » 記事詳細
開通を祝ってテープカットする関係者ら=南房総市白浜町で

基幹農道のテープカットも

安房南部地域で実施されていた農用地総合整備事業の完工式が13日、南房総市白浜町のJA安房白浜支店であった。関係者らが集まり、基幹農道とほ場整備の完成を祝った。

森林農地整備センター安房南部建設事業所が、館山市と南房総市内で整備を進めていた事業。水田区画整理と農道整備の2つからなる。

「安房グリーンライン」と名づけられた基幹農道は、南房総市海老敷から館山市畑などを経由、南房総市白浜町白浜までをつなぐ全長17`(館山市施工区間約6`を含む)で、全線の供用開始は4月1日予定となっている。

完工式には、石渡哲彦副知事、地元代議士、県議、安房の4市町長ら約70人が参列。主催者や来賓のあいさつに続いて、グリーンラインの愛称命名者で同町在住の片野雅之さんと小池明さんの表彰があった。

続いて、農道に会場を移して道路の開通式があり、参列者らによりテープカット、くす玉開披が行われた。みぞれ交じりのあいにくの天気だったが、車列を組んだパレード、地元住民による歩こう会などもあり、華々しく新しい道路の開通を祝っていた。

【写真説明】開通を祝ってテープカットする関係者ら=南房総市白浜町で

10年2月15日 3,405
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved