ニュース » 記事詳細

ローズマリー公園つなぐ1.3キロ

南房総市安馬谷の国道410号と同市白子の県道をつなぐ「市道丸山7号線」(旧古川三嶋線)が25日、開通する。道の駅「ローズマリー公園」脇を通る道路で、観光面での効果も期待される道路。南房総市は同日、関係者を集めた開通式を開き、新道の完成を祝う。

全長1・3`の道路。半島振興法に基づく代行事業として、県が旧丸山町に代わって平成9年度から事業着手。14年度には、ローズマリー公園脇の約300bの供用が開始されている。総事業費は約23億円。

開通式は午後1時から。関係者約60人が参集する。主催者、来賓のあいさつに続いて、テープカット、くす玉割などで完成を祝う。供用開始は式典後の午後2時予定となっている。

10年3月9日 3,328
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved