ニュース » 記事詳細
大にぎわいだった「船形ふれあい市場まつり」

住民ら多彩な催し楽しむ

館山市の館山船形漁協直営の水産物販売所・船形ふれあい市場で11日、お祭り気分を楽しむイベント「船形ふれあい市場まつり」があった。お祭り好きの各町内から5台の小山車が繰り出し、ヨットの体験乗船や人形劇など多彩な催しに、地域住民らでにぎわった。

地元の青壮年を中心に船形地区の活性化を考える思行会が、同漁協と地区連合区長会、コミュニティ委員会と連携。初めて開いた昨年よりも、規模も大幅に拡充され、文字どおり船形地区が元気に盛り上がった。

午前9時過ぎから始まったイベントでは、思行会メンバーらによるタイ焼きや水風船、ゲームなどの露店が多数出店。各町内から出祭した小山車が勢ぞろいし、にぎやかな笛太鼓が祭り気分を盛り上げていた。

春のポカポカ陽気にも恵まれ、外洋ヨットクラブによるヨットの体験乗船は親子連れに人気。若潮ホールでの人形劇や観光マイスターの三瓶雅延さんによる海の話などは、子どもたちが興味深く聞き入っていた。

思行会では、「この盛り上がりを次第に周囲の地区へと広げ、活性化に役立てていきたい」と話している。

【写真説明】大にぎわいだった「船形ふれあい市場まつり」

10年4月12日 5,164
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved