ニュース » 記事詳細

連絡便利で能率アップ

南房総市朝夷商工会では、職員が使用しているパソコンにウェブカメラを導入し、支所と本所の連絡に活用している。パソコンのインターネットを使った、ウェブネットワークカメラ。職員が使っているパソコンに装着することで、通話をする際、相手の顔を見ながら話ができる。

旧4商工会が合併し、4月に朝夷商工会としてスタート、千倉を本所とし、白浜、丸山、和田を支所として業務が開始された。

全職員13人が一堂に集まる機会がなかなかとれず、業務の連絡をとり合う際、相手の顔を見ながらしゃべることで、互いのコミュニケーションが図られ、仕事も能率アップ。本所と支所、支所同士が互いに連絡をとり、時には画面で書類を確認しながら、同システムを有効に活用している。

【写真説明】導入されたウェブカメラ=朝夷商工会

07年6月25日 13,450
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved