ニュース » 記事詳細
「船上活〆」ブランドで出荷される鮮魚

鮮度と味良く評価アップ

鴨川市漁業協同組合が、新たな地域ブランドとして今春から売り出している鴨川鮮魚「船上活〆」が、市場などで評価を高めている。魚種はサバやアジ、ブリなど18種類で、市内の鮮魚店で一般も購入可能。魚に付けた表示ピンが目印で「食卓でおいしい鴨川産の魚を賞味してください」と同漁協。

鴨川漁協には定置部があり、沖合に設置した定置網を早朝に引き上げ、船上で魚を大まかに選別。鮮度を保つために、魚種によって血抜きや神経抜きといった生け締め処理を行い、その日朝の競りに出している。

「船上活〆」ブランドは、ひと手間かけた自慢の鮮魚の中から選りすぐったもの。産地や品質を証明する「安心の目印」を付けることで、付加価値を高めて知名度をアップ、消費拡大につなげようという狙いだ。

昨年度から試験的に取り組み、市の水産物販売促進事業の補助を受け、今年度から本格的にスタート。仲買人や料理人に対する試食などのアピール作戦も効いて、すでに築地などに出荷する仲買人もあるという。

ブランド立ち上げは「消費者のみなさんが、簡単に産地や品質などをチェックできて、安心しておいしく魚を食べることができるようにしたいという思い」と鴨川漁協定置部の坂本年壱漁労長。

消費者からは「日ごろ食べている魚とは全く新鮮さが違い、身がしまっている」と、評判も上々という話で「首都圏への出荷はもちろん、市内でも販売しているので、ためしてもらえれば」と、地元の消費者にも売り込んでいる。

【写真説明】「船上活〆」ブランドで出荷される鮮魚

10年7月13日 4,605
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved