ニュース » 記事詳細
田植えに挑戦するツアー参加者

みんなみの里 田植え体験が始まる 鴨川

大型連休初日の29日、鴨川市の体験交流施設「みんなみの里」で田植え体験が始まった。第1弾はJA観光協会が主催する東京からの日帰りツアー客約20人。施設に隣接する棚田で、地元農業者の指導を受けながら「手植え」に挑戦した。

参加者には親子連れのほか、若い女性グループの姿も。会社仲間3人で来たという東京都江東区の安達英子さん(33)=広告代理店勤務=は「田植えは初めて。食べ物に関心があり、自分で育ててみたいという気持ちが強くなって」と話しながら、楽しそうに手を動かしていた

ツアー担当者によると、東日本大震災の影響で集客状況はいま一つ。「昨年は大型バス2台で鴨川に来たのだが、3月以降にキャンセルが続出した」という。

みんなみの里では大型連休期間中、多くの「農業体験・田舎体験」プログラムを用意。▽田んぼの生き物ふれあい(5月5日まで連日、無料)▽野菜づくり教室(3日、無料)▽ジャンボカボチャの苗植え付け体験(3―5日、有料)▽個人参加の田植え体験(7、8日、有料、要予約)などを実施する予定。

問い合わせは同所(04―7099―8055)へ。

【写真説明】田植えに挑戦するツアー参加者=鴨川

11年4月29日 4,131
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved