ニュース » 記事詳細
前回のカナダ大会で競り合う日本、豪州チーム

来年3月に豪州で

同行の市民サポーター募る

館山市の国際姉妹都市、オーストラリアのポートスティーブンス市で来年3月に開催される「環太平洋国際ヨットレース」に、NPO館山外洋ヨットクラブが参戦する。同クラブでは、レース出場クルーや関係者ら約20人の渡航を決めているが、応援や参加国間の親善を目的に、同行する市民サポーターも募集している。

アメリカ・ベリンハム市と、同市と姉妹都市関係を結ぶ6か国の都市のヨットマンが競う国際親善レース。平成2年のベリンハムを皮切りに、ポートスティーブンス、館山、タウロンガ(ニュージーランド)、ビクトリア(カナダ)、ナホトカ(ロシア)の6市を巡回する形で、隔年開催している。

館山では6年と20年に開催。20年の10回大会には、海外から30人余りのレースクルーを含む約75人が訪れ、ホームステイしながらレースと市内観光などを楽しんだ。

来年の開催地ポートスティーブンスと館山の姉妹都市提携は、このレースが縁。同クラブの橘温会長は「出場するクルーやクラブ員だけでなく、市民にも同行してもらい、レースや親善イベントなどを盛り上げてもらえれば」と、サポーターを募ることにした。

渡航期間は来年3月17日から24日。現地のヨットクラブや姉妹都市委員会のメンバー宅にホームステイしながら、レースの観戦や観光、親善交流プログラムなどに参加する。

渡航費用などは全て自己負担で、参加資格はポートスティーブンスとの交流に興味があり、今後の活動にも熱意のある人(年齢制限は無いが、中学生以下は保護者同伴)。

申し込み、問い合わせは30日までに橘会長・電話090―4376―3861、Eメール ksttw032@ybb.ne.jpへ。

【写真説明】前回のカナダ大会で競り合う日本、豪州チーム

11年9月6日 3,260

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved