ニュース » 記事詳細
閉店するキオスク=JR岩井駅前で

JR内房線岩井駅前の売店「キオスク」が、きょう28日で閉店する。旧国鉄時代から親しまれた対面販売型の駅売店だが、都市部でも減少傾向にあり、安房地域からも姿を消すことになった。

迅速な釣銭の受けわたしなど職人技的な販売員の接客も有名なキオスクだが、駅売店のコンビニ化、熟練した販売員も少なくなったこともあり、JR東日本管内でも店舗は少なくなっている。

安房地域では、館山、鴨川駅はすでにコンビニ形態の売店となっており、キオスクは岩井駅の店舗のみとなっていた。

現在の営業日は平日の午前中のみで、朝の通勤、通学客、地元の人などに親しまれていたが、売り上げの減少などで閉店することになった。

岩井駅のキオスクの販売員の女性は「いろんな人に会える仕事で楽しかった」と5年間の勤務をふり返る。常連客だという館山市内の主婦2人組は「よく利用させてもらったので、閉店を聞いてがっかり」と惜しんでいた。

【写真説明】閉店するキオスク=JR岩井駅前で

13年6月27日 3,189
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved