ニュース » 記事詳細

南房総の丸山地区

県が全長2・4`を整備

南房総市丸山地区の加茂交差点と市場交差点を結ぶ、「国道410号安馬谷バイパス」が31日、供用開始される。現国道は狭あいな部分があり、事故の危険も高かったが、バイパスの開通により事故防止と交通のスムーズ化が期待される。

国道128号加茂交差点から、同市丸本郷の市場交差点までを結ぶ全長2・4`の道路。2つの橋梁がある。車道幅員6・5b、両側の歩道幅員3bで、設計速度は60`となっている。

安房地域整備センターでは、昭和62年度に事業に着手。128号側から整備がすすめられ、すでに同国道から丸山中入口までの1`は供用が開始されていた。

南房総市丸山支所付近などを沿線とする現在の国道410号は、道路が狭いうえ、形状も悪いため走行上危険なところが多く、早期のバイパス完成が望まれていた。今回、残り1・4`区間が完成したことにより、全線開通することとなった。

供用開始は午後3時から。開始に先立ち午後2時からは、南房総市主催による開通式が予定されており、関係者らがテープカットし、待望のバイパスの完成を祝う。

08年1月26日 5,048
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved