ニュース » 記事詳細

館山 青木繁の直筆デッサンも

青木繁「海の幸」オマージュ展が5日から、館山市の渚の駅たてやま渚の博物館、同市コミュニティセンターで開催される。青木に影響を受けた現代画家の作品に加え、青木直筆のデッサンなどが展示される。初日には銀座・永井画廊の永井龍之介氏によるギャラリートークも予定されている。

海の幸を描くのに青木が滞在した同市布良の小谷家の復元、保存、公開を目指すNPO法人青木繁「海の幸」会と市、市教委の主催。

オマージュはフランス語で尊敬の意。青木繁に憧れ、会の活動に賛同した現代作家の作品を集め、一昨年から全国各地でオマージュ展を開催し、保存活動の機運を高めている。今回が7回目。

館山の2会場では、青木に影響を受けた現代画家約50人の約70点が展示される。日本芸術院会員の出品もあり、海の幸に描かれた青木の恋人の表情をモチーフにした作品もある。

第1会場の渚の博物館(会期8月31日まで)では、館山の地図を描いた作品など、青木の直筆デッサン10点、第2会場の館山コミセン(同24日まで)では、館山美術会所属作家の作品も展示される。

5日のギャラリートークは午前11時から。テレビ番組「開運! なんでも鑑定団」にも出演する永井氏が、「美術を身近に」をテーマに語る。

23日午後2時からは、美術評論家で成安造形大学名誉教授の金澤毅氏による「芸術は時代を映す鏡」と題したトークもある。いずれも無料で、会場は渚の博物館企画展示室となっている。

14年8月2日 2,046

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved