ニュース » 記事詳細
優雅な赤の大輪=館山市亀ヶ原

北口夫妻が開放10年目に

今月いっぱい楽しめそう

「皆さんが喜んでくれるので、それが一番の楽しみ」――。館山市亀ヶ原の「北口牡丹(ボタン)園」で、約600株のボタンが見ごろを迎え、一般開放されている。色とりどりの大輪が緑に映え、来園者を魅了している。見学は無料。

同所の北口良平さん(70)と妻の陽子さん(66)が丹精を続けている。1300坪の園内に160種600株が植えられている。ボタンが弱酸性を好むため、園内に客土して栽培している。紫の島大臣、白の富士の峰、黄色の黄冠など、色とりどりのボタンが楽しめるのが魅力だ。

清楚な白のボタン=同

良平さんは元々会社員。定年とともに陽子さんの実家の休耕田に株を植え、本格的に取り組んだ。年間を通して維持管理に追われるが、花を愛でる人が来てくれることで、楽しみが倍加すると話す。

本紙報道やクチコミで、年々ファンも増殖。「今年はいつから見られるか」などの問い合わせもある。北口さんによると、今月いっぱいは楽しめるという。

県道和田丸山館山線を館山から和田方面に走行、横峰橋の200b手前の右側。入り口に看板がある。駐車場完備。

問い合わせは北口牡丹園(0470―36―3412)へ。

【写真説明】優雅な赤の大輪=館山市亀ヶ原

【写真説明】清楚な白のボタン=同

15年4月21日 4,188
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved