南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:館山 新総合計画キックオフ 始動会議で 市職員ら
掲載日時:2016年03月30日(水曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=10821

キックオフ宣言する金丸市長=館山コミセンで

「オール館山」で計画実現へ

新年度から新しい総合計画をスタートさせる館山市は29日、市職員らを集めた始動会議「キックオフミーティング」を開き、計画の実現に向けて「オール館山」で取り組む決意を示した。

総合計画は今後10年間のまちづくりの指針で、基本構想と基本計画(前・後期各5年)からなる。将来都市像に「笑顔あふれる 自然豊かなあったかふるさと♀ル山」を掲げ、7つの基本目標などを定めている。

これから5年間の取り組みをまとめた前期計画は、館山市版総合戦略と関連付けた内容。海の魅力や食の豊かさアップなど4点を重点プランに設定し、仕事の創出や市の活性化を目指すとしている。

館山市コミュニティセンターであった会議には、市職員はじめ、計画の策定にあたった審議会委員、市議ら158人が集まった。

金丸謙一市長は「計画がいよいよスタートする。今回の地方創生は、地方同士の生き残りをかけた戦い。いかに自立したまち、継続したまちをつくるかが目標」と主張。

計画の実現にあたっては、館山の魅力を引き出し、磨き上げることの重要性を強調し「皆の能力を最大限に発揮し、希望を持ってスタートを切ろう。市民や各界各層と力を合わせ、オール館山で」と述べ、一致団結して計画に取り組むことを宣言した。

総合計画は、市のホームページに掲載されるほか、市役所玄関など市内公共施設で見ることができる。1冊3000円で販売もされている。

【写真説明】キックオフ宣言する金丸市長=館山コミセンで

元のページに戻る