南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:行く夏を惜しむか空にランタン灯 鴨川
掲載日時:2018年08月20日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=12401

大勢の人出でにぎわう「渚のほこてん」=鴨川

海岸通りで「渚のほこてん」

「日本の渚百選」のひとつ、鴨川市の前原・横渚海岸プロムナードを舞台にしたイベント「渚のほこてん」が18日行われた。通りにはご当地グルメの露店などが並び、砂浜ではステージイベントやLEDスカイランタンの披露もあり、地元をはじめ帰省、行楽客らが行く夏を惜しみながら浜辺のイベントを楽しんだ。

イベントは鴨川市商工会青年部、鴨川青年会議所、鴨川ライオンズクラブ若獅子支部の3団体でつくる実行委員会が、「地域コミュニティーの活性化、青少年の郷土愛の育成、魅力ある街づくりにつなげたい」という思いを込めて実施した。

平成28年に新町通りの「夜のホコ天」を11年ぶりに復活させたのが始まりで、今年はヤシ並木が南国ムード満点のプロムナードに会場変更。鴨川ユニバースホテルからラ・メール鴨川までの約280b区間を歩行者天国≠ノした。

夜の海岸を彩るスカイランタン=同

プロムナードには、ご当地グルメなど鴨川の「うまいもん」「掘り出しモノ」を販売する24店舗をはじめ、露店などが出店され縁日ムードを演出。

砂浜では、ゴスペラーズなどを輩出した早稲田大学のアカペラサークル「ストリート・コーナー・シンフォニー」、東洋大学の女子ダンスサークル「ハニー」によるステージもあり盛り上がった。

夜の帳(とばり)が下りると、LEDスカイランタンを揚げるプログラムで、200個が夏の夜空を幻想的に彩った。

市内のホテルに宿泊しているという都内の家族は「ヤシ並木の海岸が南国みたいですね。スカイランタンは初めて見ましたが、幻想的ですてきです。子どもたちの思い出になります」などと話していた。

【写真説明】大勢の人出でにぎわう「渚のほこてん」=鴨川

【写真説明】夜の海岸を彩るスカイランタン=同

元のページに戻る