南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:鋸南 シアーズさんが着任 ALT交代
掲載日時:2018年08月24日(金曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=12409

白石町長を表敬したシアーズさん(右)=鋸南

日本文化専攻の青年

鋸南町のALT(外国語指導助手)が交代、ウィリアム・シアーズさんが新たに着任した。前任のショーン・クックさんは任期を終え、アメリカに帰国。シアーズさんが同町役場を訪れ、白石治和町長を表敬した。

クックさんは在職中、幼稚園、小学校、中学校で授業の補助を務めた。授業以外にもハロウィーンの飾りをつくったり、子ども達と一緒に活動したりし、多くの人に愛された。

シアーズさんはアメリカ・テキサス州出身。テキサスの大学では、コンピュータープログラムや日本文化を専攻し、特に日本の近代史やポップカルチャーについて研究してきた。在学中に日本の大学に留学した経験も。来日前には子どもたちを対象にコンピュータープログラムを教えた経験がある。児童・生徒との交流が期待される。

白石町長は「鋸南町のために頑張って働いてください」と語り掛け、シアーズさんは「将来は日本で働きたい希望があるので、頑張ります」と意気込みを語った。

【写真説明】白石町長を表敬したシアーズさん(右)=鋸南

元のページに戻る