南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:業務の知識などを共有 南房総 職員48人で自発研修会
掲載日時:2018年10月23日(火曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=12512

職員を集めて行われた研修会=南房総

南房総市の「職員が自ら考え自ら行う研修会」がこのほど、同市役所別館1大会議室で開かれた。職員48人が集まるなか、情報発信の在り方や国保病院の現状の紹介、県への派遣研修の報告が行われた。

職員自らが講師となり、日ごろの研さんで培った知識や見解を共有することで、発表する側、聞く側で互いに切磋琢磨(せっさたくま)し合い、能力の向上を図ろうと、平成21年度から行われている。

2部構成で、第1部は「事務事業等紹介」として、秘書広報課が「これからの情報発信について」をテーマに、SNSの活用方法の在り方を、総務課が「地域医療連携推進法人について」と題して、病院機能検討グループが富山国保病院の現状などを紹介した。

また、第2部では企画財政課職員が「千葉県総合企画部政策企画課研修成果報告」をテーマに、昨年度の派遣研修で県の総合計画策定に携わった取り組みや成果などについて報告をした。

集まった職員は発表によってそれぞれの業務を改めて知るなど、興味深く聞き入っていた。

【写真説明】職員を集めて行われた研修会=南房総

元のページに戻る