南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:26日に南房総で ALTが講演会で語る
掲載日時:2019年05月13日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=12852

特別講演会のチラシ

カリブの母国の魅力

南房総国際交流協会は、26日午後3時から南房総市の三芳農村環境改善センターで「特別講演会」を開催する。嶺南小、中学校ALT(外国語指導助手)のヤフェット・ナイルズさんが、母国であるセントビンセント・グレナディーンの魅力を語る。

ヤフェットさんは1988年生まれで、カリブ海にあるセントビンセント・グレナディーンで育ち、ジャマイカにある西インド諸島大学で政治学と法学を学習。卒業後の2014年からは、セントビンセント・グレナディーンの外務省でアジア経済担当として勤務。18年からは共通するクジラ文化を縁に、ALTとして南房総市に着任した。

講演会では、「カリブ海の宝石」をテーマに、ヤフェットさんが母国セントビンセント・グレナディーンの文化や料理、島々の自然、魅力などについて講話することになっている。

参加は無料で、申し込みも不要。日本語の通訳もあり「英語に自信のない人でも安心してください」と、広く参加を呼び掛けている。

詳しい問い合わせは、南房総市企画財政課内の南房総国際交流協会事務局(0470―33―1001)へ。

【写真説明】特別講演会のチラシ

元のページに戻る