南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:城西国際大が公開講座 鴨川
掲載日時:2007年06月27日(水曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=15

テーマは「生涯現役」 7月に3回

城西国際大学(東金市、水田宗子学長)が、県内の自治体や教育委員会などと共催している公開講座が、来月14日から全3回の日程で、鴨川市にある同大観光学部で開かれることになった。「生涯現役を実践する」をテーマとした、3講座を開講する。

大学が持つ優れた学習機能を地域社会に還元することを狙いに、同大が開学した平成4年から開講。時代を捉えたテーマに沿って、同大専任教員がチームをつくり出講している。今年は、鴨川をはじめ、東金、鋸南、茂原、大網白里、御宿、大多喜の7会場で開く。

鴨川会場は、同市太海望洋の丘にある同大観光学部キャンパスのAV教室を使い、3講座を企画した。

定員は100人程度で、無料。受講は1回単位でも可能で、全3回で修了証書が発行される。また希望者は、学食での食事(実費)も体験できる。

問い合わせ、申し込みは市教委生涯学習課(04―7094―0515)へ。

開講時間は、午前11時から午後12時30分で、日程は次のとおり。(カッコ内は講師)

▽7 月14日=シンプルな形から多様な表現が生まれる~手作りステンシル(森洋子・福祉総合学部助教授)▽21日=健康で元気に過ごす!メタボリックシンドロームの予防・改善~健康実践講座(石原啓次・経営情報学部助教授)▽28日=人生90年時代、起業家に挑戦~地域起こしの主役になった高齢者から学ぶ (福田順子・福祉総合学部教授)

元のページに戻る