南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:こだわりの「館山メンチ」考案
掲載日時:2009年12月30日(水曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=3614

館山メンチをつくった相川さん

うまみ・食感とも逸品だ

老舗精肉店の相川さん 名物に4日から販売

館山市北条の老舗精肉店「相川商店」で、1月4日から館山名物を狙った商品「館山メンチ」を売り出す。同店の相川和大さん(24)が、「魚の干物はあるが肉の特産品がない」と館山をアピールする製品として考案した。

東京・浅草が本店の老舗すき焼き店で修行し、一昨年に館山へ戻り4代目として家業を手伝う。同店惣菜の中でも一番人気のメンチカツに着目。東京での人脈を仕入れに生かし、質の高さにこだわった国産牛肉と千葉産豚肉の合い挽き肉で、1年半かけ製品化した。

こんがりと揚がった衣の中は、弾力のある肉とタマネギの歯ざわりが印象的。うまみが凝縮され、湧き出た肉汁にタマネギの甘さがほどよく加わり、ソースなしで味わえる逸品に仕上がった。

相川さんは、「地方発送する際は、館山をアピールするリーフレットを一緒に梱包する。夢は、給食に提供して子どもたちに食べてもらうこと。きっとその子どもたちは、大人になったとき、思い出して館山に戻って来くるはずだから」と話していた。

館山メンチは、1個150円。年始は4日から営業。

問い合わせは相川商店(0470―23―4129)へ。

【写真説明】館山メンチをつくった相川さん=相川肉店で

元のページに戻る