南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:直売に適した野菜づくり 県の研究機関で生産者ら講習
掲載日時:2015年03月06日(金曜日) 20時00分
アドレス:http://www.bonichi.com/News/item.php?iid=9845

暖地園芸研究所のほ場を見学する参加者ら=館山市山本で

館山直売所連絡協

館山市内の農産物直売所に出荷する生産者が、直売所に適した農作物の栽培法について、県の研究機関「暖地園芸研究所」(同市山本)で講義を受けた。

市内11直売所で組織する連絡協議会「アグリッシュたてやま」が、地産地消に適した作物の導入や高品質な栽培につなげてもらおうと開催した。

講習会には生産者18人が参加。ほのかな塩味で人気があるアイスプラントや甘長トウガラシなど直売所向けの夏野菜の栽培の仕方や土づくりなどの講義に耳を傾けたほか、直売所で人気の切り花の最新の栽培法などを学んだ。

参加者は「新しく夏野菜をつくってみようと思っていたので、参考になった。他の生産者との交流の場となったこともよかった」と話していた。

【写真説明】暖地園芸研究所のほ場を見学する参加者ら=館山市山本で

元のページに戻る