郡市野球 » 記事詳細
猛暑の中の熱戦=館山運動公園で

「第8回安房郡市社会人野球大会」3日目は9日、前回からの特別継続試合を含め5試合があり、強豪が順当に2回戦へとコマを進めた。

優勝候補の一角・南総パイレーツは、県職安房に競り勝った。南房総市の強豪・コスモスはコールド勝利。やんぐまんず、ドリームドッグス、ルーキーズも初戦を突破した。

4日目の16日から2回戦に突入。昨年・準優勝の南房総市役所、ベスト4の海自館山のシードチームが出場する。

〈9日の成績〉

【館山運動公園】

やんぐまんず

0022001 5

0000000 0

鴨川エンペラーズ

(や)渡辺―松坂、渡辺

(鴨)白石、岩?―渡辺

【審】加藤賢、鈴木康、神作

【戦評】やんぐまんずは三回、失策に乗じ竹中のタイムリー打で2点を先取し、四回は2死から死球に長井、渡辺の連打、ワイルドピッチでさらに2点、七回には鈴木の安打と好走塁で1点を追加する。投げては渡辺和投手が1四球のノーヒットノーランの好投を見せた。鴨川エンペラーズは往年の力を取り戻してほしい。


おくまや

0000100 1

100030X 4

ドリームドッグス

(お)安長、川名―厚海

(ド)西藤―厚海

【審】神作、鈴木典、鈴木基

【戦評】ドリームドッグスは立ち上がり、相手投手の制球難を攻め、死球とワイルドピッチで1点を先取。同点にされた五回、疲れた安長投手の四球と死球で押し出し。さらに村田のタイムリー打で突き放した。おくまやは再三のチャンスを逃し、五回に厚海のタイムリーで同点とするも、その後は反撃の力なし。


ドナルド

0003000 3

100300X 4

ルーキーズ

(ド)磯辺、星野―松坂、磯辺

(ル)鈴木―山根

▽二塁打=井上正2(ド)山根2(ル)

【審】鈴木典、小林、児玉

【戦評】ルーキーズは初回、山根の二塁打で先制。四回には四球を足場に連打、敵失で加点。ドナルドも四回、井上の二塁打から死球、安打、敵失で追い込み1点を争う試合となった。その後、ルーキーズは五回、山根の2本目の二塁打と内野安打で満塁とするも、本塁封殺で得点できず。ドナルドは六、七回、無死で走者を出すも、後続を断たれた。


【館山市民運動場】

コスモス

200502 9

010100 2

船形クラブ

(六回コールド)

(コ)中村健、鈴木勇―伊東、南

(船)三平―鈴木里、鈴木勇

▽二塁打=山口(コ)

【審】辻、磯部、小柴

【戦評】古豪の激突。初回コスモスは、三平投手の制球に苦しむ立ち上がりを攻め、3四死球と笠貫の安打で先行。四回、降り出した雨の影響か4四球に山口の二塁打と3安打を集め、試合を決めた。船形は二回、安打、四球で反撃を見せたが、試合中断の傷は大きく六回にも四死球、失策を重ねた。


南総パイレーツ

0001000 1

0000000 0

県職安房

(南)越井―鈴木利

(県)石堂―八木澤

▽三塁打=西屋(南)▽二塁打=近藤、越井(南)

【審】渡辺勝、磯部、小柴

【戦評】県職安房は南房総屈指の投手越井に対し、四回2死ながら一、二塁と六回1死一、二塁のチャンスを得点出来ず。一方、南総パイレーツも再三無死で走者を出すも、後続を石堂投手の好投に阻まれる。南総は四回、近藤、西尾の長打で貴重な先取点をもぎ取って逃げ切り。県職安房の健闘をたたえたい。


スネークス 不戦勝

倶楽部正木 棄権


【写真説明】猛暑の中の熱戦=館山運動公園で

09年8月10日 32,274
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved