郡市野球 » 記事詳細
残暑の中の攻防=館山運動公園で

和田チェリー 金木がサヨナラ打

連覇目指す那古ファイヤーズも順当勝ち

「第8回安房郡市社会人野球大会」の6日目は6日、館山運動公園で2回戦4試合、館山市民運動場で3回戦4試合があった。昨年の覇者・那古ファイヤーズは、強豪・南総パイレーツに勝利し、順調に3回戦へと進んだ。

3回戦の試合では、昨年準優勝の南房総市役所、バッターズ、館山市役所、和田チェリーが勝ち、ベスト8入りを果たした。

大会7日目は13日、館山運動公園で3回戦の残り4試合が行われ、8強が出そろう。

〈6日の成績〉

【館山運動公園】

POORS

3011100 6

0000000 0

レッドホークス

(P)間立―板倉

(レ)原田―神作

▽二塁打=原田(レ)

【審】鈴木和、磯部、植松

【戦評】POORSは一回、本橋、石井宏の安打と3つのエラーで3点を先取、三回には1点、四回に飯田、軽込の安打で1点、さらに五回に1点の計6点を取り、試合を決めた。レッドホークスは、POORS間立投手に2安打に完封された。レッドホークスは、守りを強化する必要あり。


コスモス

1000001 2

003000X 3

KBC

(コ)大場―鈴木勇

(K)中島―手科

▽二塁打=鈴木勇(コ)柴田(K)

【審】松本、永井、平嶋

【戦評】コスモスは一回、四球の走者が盗塁、鈴木勇の犠飛で1点を先行。KBCは三回、死球と内野エラーで出塁の走者を内野エラーと中島の安打で3点、五回には走者を置いて柴田が二塁打するも外野からの好返球で本塁タッチアウトで無得点。コスモスは七回、佐久間が安打で出塁、1死後代打村井の安打で1点を返すも後続なく、残念な敗退。


シャネルライオンズ

00000 0

0177X 15

スネークス

(五回コールド)

(シ)木村、安西―菅原

(ス)佐藤―関

▽三塁打=佐藤(ス)▽二塁打=佐藤(ス)

【審】鈴木典、磯部、鈴木和

【戦評】スネークスは初回こそチャンスを無得点で終わるも、二回に1点、三、四回にはシャネルライオンズの投手の制球難で四死球10個に佐藤の三塁打、二塁打と7本の安打で14点。佐藤投手の7三振を奪う好投で五回コールド勝ち。シャネルは完敗するも最後まで全力で全員野球。来季の戦いに期待したい。


南総パイレーツ

000000 0

300000 3

那古ファイヤーズ

(南)越井―鈴木利

(那)小柴―鈴木美

【審】鈴木典、児玉、松本

【戦評】那古は、南総の越井投手の立ち上がりを攻め、2四球に羽山の俊足をからめて、鈴木康のタイムリー、古尾の安打、外野手の落球で3点先取。小柴投手の好投で2安打に抑え完封勝利は見事。南総は最終回、2安打を重ね、粘ったが往年の打撃は見られず完敗。来季の雪辱を期待したい。


【館山市民運動場】

南房総市役所

0010030 4

0000000 0

NOSAIぼうそう安房

(南)忍足―林

(N)川崎慎―川名晃

▽二塁打=白井(南)

【審】加藤、神作、山岡

【戦評】南房総市役所は三回、相手外野手の落球から川名紀の適時打で得点し、六回にも重なるエラーから労せず点を得る。NOSAIは、忍足投手から毎回四死球を得たものの、後続が打てず、2安打無得点に。川崎投手の力投に応えられなかった。


和田TAIKYO

0100210 4

300200X 5

バッターズ

(和)二之宮、安西―安西、真田

(バ)岡本、角田―近藤

▽二塁打=安西(和)金井(バ)

【審】加藤、永野、辻

【戦評】バッターズは、和田TAIKYOの立ち上がりに連続内野安打の走者を金井の二塁打で先制。四回にも1死後、池田、塚田の連打で貴重な点を挙げる。一方、古豪の和田は、岡本投手を攻め、二回無安打で1点、五回には四死球にバッターズ投手の手痛いボークで差を縮め、六回には安西の二塁打と二之宮国の安打で1点差まで詰め寄ったが、最後は相手投手の攻めの投球に阻まれた。


フェニックス

1000030 4

210214X 10

館山市役所

(フ)中野―加藤

(館)鈴木茂―佐野

▽三塁打=伊東、小倉(館)▽二塁打=飯田(フ)石井、斉藤(館)

【審】神作、山岡、久保

【戦評】フェニックスは初回、飯田の二塁打と中野の安打で先行。その裏館山市役所は四球、野手選択、伊東の三塁打で逆転、二回も犠飛で加点する。その後も得点を重ね、一方的な試合と思われたが、フェニックスは六回、安打2本と相手エラーで2点差まで追い上げる。しかし、市役所は2つの四球と石井、小倉、斉藤の長打で突き放し、優勝候補の一角としての体面を保った。


ステッパーズ

00000001 1

00000002x 2

和田チェリー

(ス)岡崎―丸山

(和)杉山―近田真

【審】袴田、飯田、鈴木基

【戦評】館山市と南房総市にあって優勝を目指す両チームの激突。和田チェリーは岡崎投手に抑えられ、七回まで1安打。一方、ステッパーズは二回、三回ともに2死ながら走者を出し、六回、七回には無死で出塁したが杉山投手を崩せず、緊迫のまま延長戦に入る。八回のステッパーズは、走者・丸山が本塁憤死、犠飛による1点のみ。その裏、和田チェリー1死後、岡崎投手揮身の1球を金木が値千金のひと振りで左翼に運ぶ。走者2人が本塁を踏み、熱戦の2時間に終止符が打たれた。


【写真説明】残暑の中の攻防=館山運動公園で

09年9月7日 33,565
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved