郡市野球 » 記事詳細
1点を争う試合をする選手ら=館山市民運動場で

吉田投手(コスモス)が完全試合

KBCなど3チームが8強入り

「第9回安房郡市社会人野球大会」の5日目は11日、館山運動公園で3回戦3試合、館山市民運動場で2回戦4試合が行われた。市民球場第3試合で登板したコスモスの吉田投手が、フェニックス相手に完全試合を達成した。

前回優勝の館山市役所を破ったKBCはじめ、マスターズ、GO―UPがいち早くベスト8に名乗りをあげた。

大会6日目は、両球場で3回戦の残り5試合が行われ、8強が出そろう。

〈11日の結果〉

【館山運動公園】


KBC

1000002 3

0100000 1

ブラボーズ

(K)中嶋―岩城

(ブ)松尾―山田

▽二塁打=柴田、猪(K)大胡(ブ)

【審】礒部、千田、児玉

【戦評】KBCは一回、2死二塁に柴田の適時打で先制、六回、柴田の二塁打のあと決定打なく苦戦する。七回、猪の二塁打と安打で1死一、三塁から内野手の敵失で決勝点をあげる。ブラボーズは一回の満塁チャンスを生かせず、二回大胡の二塁打と外野手の中継ミスで同点としたが、その後五回、七回と走者を出したが後続なく惜しくも敗退。


平群野球倶楽部

0000000 0

000100X 1

マスターズ

(平)長谷川、小藤田―川名健

(マ)笹子―関

▽二塁打=小柴(マ)

【審】松本、永野、鈴木基

【戦評】平群野球倶楽部は二回、敵失と高梨祐の安打で無死満塁とするも後続が三振とダブルプレーで得点ならず。一方、マスターズは四回、四球の走者を小柴の二塁打でかえし、1点を先取、結果的に決勝点となる。両チームともにキビキビとした試合運びで好感のもてる良いゲームであった。


TGM

00101001 3

00010102 4

GO―UP

(T)島田―川名晃

(G)乾―加藤健

【審】鈴木典、児玉、礒部

【戦評】TGMは三回、1死後川名順の安打を外野手が後逸、二進三盗とエラーで1点。五回には相手エラーと南の安打で1点を追加。一方、GO―UPは四回、平野、加藤恭の安打で1点、六回に早川、平野の内野ゴロ、盗塁、加藤恭の安打で1点を追加、同点に追いつく。七回で決着つかず特別ルールにより促進ゲームとなりGO―UPがサヨナラ勝ちした。


【館山市民運動場】


スネークス

00000005 5

00000002 2

ドリームドッグス

(ス)佐藤、川名一―佐久間

(ド)出口―寺田拓

▽二塁打=川名雅(ス)

【審】辻、平嶋、山岡

【戦評】ドリームドッグス・出口、スネークス・佐藤両投手の息づまる投手戦となる。スネークスは六回、川名雅の二塁打に2死球と攻め込むも得点ならず。七回も2四球を得たが、無得点。ドリームドッグスも六回、相手投手の死球につけこみ二盗三盗で一打サヨナラの好機をつくるが、センターライナーに終わり、特別促進ルールの延長戦に。スネークスは疲れの見えた出口投手の2死球に内野の乱れ、犠飛等で5点をあげる。ドリームドッグスも内野の悪送球で2点と追撃するも、けん制死で敗退。両チームで3安打と投高打低だった。


おくまや

0000313 7

0023000 5

Happy Endless

(お)安長一―川名

(H)判沢、小山―黒川、判沢

▽二塁打=菊池(H)

【審】辻、平嶋、山岡

【戦評】ハッピーエンドレスは三回、四死球、エラーと安打で先行。四回も四球に小山の二塁打で前半に大量点を奪う。一方的な試合と思わせたが、おくまやは後半疲れの見えた判沢投手を攻め、失策、四球に安打がからみ、さらに代わった小山投手の乱調に助けられ、七回同点から一挙に逆転に成功、その裏をしっかり守り抜き見事勝利した。安長朋投手の健闘をたたえたい。


コスモス

0000003 3

0000000 0

フェニックス

(コ)吉田―村井

(フ)川名―川上

【審】佐藤、山岡、小柴

【戦評】コスモス・吉田、フェニックス・川名両投手の見事な立ち上がりで四回まで進む。コスモスは五回、内野安打に2四球で満塁、六回は2安打で二、三塁と攻めたが得点ならず。七回は内野の失策で二死から吉田のタイムリー、さらに南政の安打に外野の失策で3点を奪う。守っては吉田投手が、すばらしい投球術で、打者21人で終らせる完全試合でコスモスの大勝利。


和田TAIKYO

210100 4

211034 11

和田チェリー

(六回コールド)

(T)安西、石井―真田、安西

(チ)杉山、小野、茅野―近田真

▽二塁打=石井、安西、高木(T)福原、西岡(チ)

【審】神作、黒川、伊介

【戦評】公務により主力投手を欠く和田TAIKYOの劣勢は明らかと思われたが、立ち上がりの攻めは見事で石井、安西、高木の連続二塁打と四球で先行、二回も2死球に失策がからみ加点する。しかし、強豪和田チェリーも直ちに反撃、前半一進一退の白熱したゲームを展開した。同点で迎えた後半、地力に勝る和田チェリーは相手投手の乱れを逃がさず着実に点を重ね、大差で同郷の試合に幕を閉じた。


【写真説明】1点を争う試合をする選手ら=館山市民運動場で

10年7月12日 31,706
Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved